2021年04月23日

塩分を抑えて美味しく調理する方法

1.jpg

塩分の取りすぎが体に悪いというのはよく知られた事実です。 塩分の摂り過ぎは、高血圧、心臓病、脳卒中、その他多くの病気のリスクを高めると言われています。 では、減塩と美味しさのバランスはどうすればいいのでしょうか?

1.料理を盛り付ける前に塩を振りかけると、塩が表面に付着して中に染み込まないので、塩味が際立ち、塩の使用量が半分近くになります。

2.しょうゆと醤油、どちらにもある程度の塩分が含まれているので、肉を焼くときはしょうゆを足して、塩分は少なめかゼロにしましょう。 これにより、料理の色が魅力的になり、食欲をそそり、塩分量を減らすことができます。

3.サラダや和え物を作るときは、塩味ではなく酸味を使う。酢やレモン汁、トマトなどを使うと、塩分量が減り、料理がおいしくなる。

4.オリーブオイルやごま油で香りを高めると、味が薄くても食欲をそそることができます奇味雞煲

5.塩味は辛さが足りない。 マスタード、ショウガ、コショウ、カレー粉などのスパイシーな調味料を料理に加えると、味が引き締まり、減塩の不味さをカバーすることができます。

また、加工食品に含まれる塩分にも注意が必要です。 加工食品を買ったり食べたりする際には、ラベルに記載されている栄養成分をよく確認し、ナトリウムの含有量に注意して、摂取量をコントロールしましょう。入手可能な場合は、新鮮な食材を使い、自分の手で調理するようにしましょう。カリウムはナトリウムの摂取量を調整する電解質であり、毎日の食事でカリウムの摂取量を増やすことができます。 カリウムを多く含む食品は、ジャガイモ、アボカド、豆類、ほうれん草、バナナなどです。 生活の中で、できるだけ塩分を控え、少しずつ味を薄くしていくことで、高血圧などの将来的な病気のリスクを減らすことができます。

文章精選:

茶不僅可以喝,還可以做菜

飲食三低對身體更有益

出門吃飯做到全程防護,保證用餐安全

食物無所謂好壞吃對了就是好食物

急火魚慢火肉:急火為什么不煮爛肉?

posted by woerma at 18:15
"塩分を抑えて美味しく調理する方法"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: